FC2ブログ

ひな、抜糸へ

2009年04月18日 16:38

やっと術後服が脱げる日がやって来ました。

先生に傷を見ていただくときれいにふさがっているとのこと、
抜糸自体はすぐにすみました。

やれやれだわ
抜糸4
自宅に帰りついたひな。


私はとてもヘタレなので、傷口どころか、丸刈りにされたお腹を見るのですら怖いのですが、
そんなことも言ってられず。
傷口を見せてもらいながら説明を受けました。



抜糸


抜糸2


あまり、傷口は見えませんね。
もふもふに隠れてしまってますが、もう少し剃られた範囲は広いです。


抜糸5

使い終わった術後服。足を通す紐の部分が危うく千切れかけです。
くりに使い回そうと思っていましたが・・・無理っぽい?



抜糸3

サービスショット(笑)
大股開いて、思う存分お腹をべろべろ舐めまわしています。




ここからは院長先生にお聞きした手術のお話。(長いです。)

他のブログでお見かけする避妊手術の傷あとと比べ、ひなの傷口が大きく、縫合跡が膨らんで
いるように見えたので、思い切って、先生に質問をぶつけてみました。

傷が大きくなるのは先生の方針で、視認しながら手術をしたいと考えているため。
傷口を小さくして器具を差し入れての方法だと、万が一奇形だった場合に
ほかの臓器を傷つけてしまう可能性があるのだそうです。

傷口を小さいままで視認するには内視鏡が必要なのだそうで、そこまでの設備を
整えている病院というのは珍しいのだとか。

小さい傷口だと、出血した時も判断が難しいことや、
中で異常が起こったときに発見が遅くなることを懸念しておられました。
縫合跡が膨らんでいるのは、腹膜を溶ける糸で縫った際、
体質で膨らんでしまう子がいるためだそう。
ひなはどちらかというとふくらみが大きいのだそうです。
1,2か月で元に戻ると言われました。

ここの病院では腹膜を溶ける糸で縫い、外の皮膚を手術用の糸で縫うのだそうです。
これも、トラブルが起こったときに処置しやすくするためだそう。

いろいろと専門的なお話をお聞きしましたが、聞きかじりでいい加減なことは書けないので
私の感じたことを。

先生は非常に万が一を心配される先生であるということ。
他の病院で1つの手順で済ますところを、念には念を入れて、3段階に分けたり、
(消毒、麻酔方法など含めて)とにかく手間のかかる方法で手術をしてらっしゃる。
3泊させるのも、縫合跡が大きくなるため、常に状態を把握しておきたいという気持ちから。

傷口を小さくして、入院を短く、その方が猫ちゃんのストレス軽減にはいいかもしれないし、
それも一つの考え方です。
どれが正しくて、どれが間違っているというわけではなく、
私や病院の先生、それぞれの判断や処置法を理解をした上で
手術方法を選ぶことが大切だと思いました。

「傷口が大きい=技術不足」と言うわけではないのですね。(反省…)

それから術後服。
病院ではエリカラを進められましたが、私は傷口保護を最優先したかったので、
あえて術後服を着せました。
結果、ひなのお腹は服で擦られ、毛玉だらけに…。(長毛ゆえ?)
先生は傷を服で擦られたり、蒸れることも心配しておられました。
でも、傷口の保護という点では完璧だったわけです。
エリカラでは普段の生活がしづらく、それもストレスになるかもしれない。
留守中に外れてしまう可能性もあります。

これも、どちらが正解というわけではなく、考え方の違いなのだと
おっしゃっていました。

判断はすべて、飼い主や病院の方針で変わってしまいます。
猫にとって、一番良かれと思う方法を考えていかねばなりませんね。

いろいろと考えさせられる一日でした。

…抜糸は2,3分で済んだのに、先生の熱弁をず~っと拝聴していたら、
30分以上経っていました。
外に出たら山のように順番待ちのワンちゃんが。悪いことをしてしまった。(笑)







良かったら押してくださいな


コメント

  1. ふ~みん | URL | -

    ひなちゃん、抜糸が無事に済んで、本当に良かったです。
    なるほど、慎重な先生ですね。
    とてもお若い先生で慎重なのか、今までの経験から
    この方法を取っておられるのかどちらかなのかなという印象でした。
    手術、処置代は少々お高めかもしれませんね。
    でも、安心してお任せ出来るのではないかな。

    お疲れ様でした(^_^)

  2. こふゆき | URL | -

    こんばんは、抜糸お疲れ様でした。
    もうほとんど全快という感じになって何よりです。
    お腹を出して寝ころんで、すっかり安心ひなちゃんですね。

    手術のお話、拝見しました。
    私も何も聞けずに終わったので、非常にためになりました。
    考え方の違いがあるのであって、
    必ずしも技術の差では無いということですね。
    少し誤解をしていました・・・私も反省させられました。

    この手術に関して、何人ものお医者様にお世話になる事はほとんどないでしょうし、
    なかなか多くを比較するのは難しいものですね。

    ものを言えない猫のためにもベストな選択をしてあげたいです。

  3. 桃とらマン | URL | iWfHidvU

    ひなちゃん抜糸お疲れ様です☆
    綺麗にふさがっててよかった。
    うちは手術のサインをする前に
    術前、手術、術後のケアの話を
    してくれました。
    受ける前にわからないことは全部
    聞いてください!という先生でしたね。
    とらと無垢は違う病院で手術したんですが
    病院によって本当に違います。
    とらの方はかなり放任な感じ、無垢の方は
    しっかりケアしてくれたという印象です。
    特に動物病院は診察料含めても病院によって
    全然違いますからね。
    飼い主が、その子のことを考えて選んで
    あげないといけないんですよね。

  4. くりひなママ | URL | -

    v-22ふ~みんさん

    先生は50代前半くらい?の方です。
    いろいろな現場を見て、今のような考えに至ったとおっしゃっていました。
    手術自体は25000円です。
    あまり儲けはでないそうです。(笑)

    先生の考えは理解できましたし、納得もしました。
    ただ、やはりひなの憔悴した姿は忘れられません。
    もう少し、考えたいと思います。

    …いろいろ考えて疲れました。(笑)


    v-22こふゆきさん

    ひなはもうすっかり普段通りです。
    傷口を気にするというより、お手入れできなかった
    おなかをチェックしてる感じです。
    まだこわくて裸のおなかには触れません。(笑)

    病院によってこれだけ考え方が違うのだから、
    要は私たち飼い主がどれだけ理解して、選択するか、ということですよね。

    まだくりの手術がありますし、もう少し考えたいです。
    こふゆちゃんは内視鏡手術だったのかな?
    お値段もお高めになると聞きました。


    v-22桃とらマンさん

    ひなは元気ですよ~。甘ったれも相変わらずです。
    術前手術術後の説明ですか。
    きちんと説明されると安心ですよね。
    大体の先生は、聞けば答えてくださるけど、聞かなければそのままですものね。
    やはり、飼い主がしっかり理解して病院を選択するしかないんですね。
    責任重大です。

  5. ピータンまま | URL | -

    ひなちゃんの抜糸が無事済んで良かったです
    治りがけの傷口はどうしても痒いので
    舐めるのが心配ですね。
    飼主さんの質問に時間をかけて説明して下さる
    先生に感心します
    とっても良い先生に出会えてよかったですね。

    先日の記事のケーキ美味しそうでしたね♪
    食べたくなりましたよ~~

  6. 侍従長 | URL | qDfdtOiE

    ヒトもニャンもまずは説明で納得することが大切だと思うのです。
    今回の先生はしっかりとしたビジョンをお持ちのようでまずは安心ですね。
    ひな様。
    お疲れ様でございました。

  7. くりひなママ | URL | -

    v-22ピータンままさん

    やっぱり治りかけってかゆいんですかね。
    抜糸後のひなは完治したおかげか、全く傷を気にすることはないです。
    ただ、裸のお腹まで舐めようとします。
    …あんなざらざらの舌で痛くないんだろうか…。
    先生に思い切って質問してよかったと思いました。
    一生懸命説明してくださいましたよ。

    ケーキ、イチゴのロールがいまいちだったので、
    リベンジ予定です。
    うまくいくといいんですけど。


    v-22侍従長さん

    本当にそうですね。
    どうしてもテンパってしまって、十分な説明を受けることをせずに物事を進めてしまいがちです。
    ひなのおかげでいろいろと情報を得ることができました。
    まずは信頼できる先生であることが大切ですね。
    ひなも私も疲れました。(笑)
    でももう大丈夫ですよん。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kurihinamama.blog79.fc2.com/tb.php/109-ee587c11
この記事へのトラックバック


最新記事