fc2ブログ

京都旅行 2015 その5

2015年10月21日 06:38

※皆様、コメントありがとうございます。
そしてすみません。
…お式までたどりつきませんでした…!(笑)
うちの父にもどこまで事細かに載せとるんだと呆れられました。。。すみません。。(だって思い出なんだもの~。。)






さて、ワクテカのお昼御飯ですよ。



またもやタクシー進入禁止の路地奥のお店。
(グーグル先生ありがとう!)
着付けに格闘していた次妹夫婦も無事到着(笑)


DSC_0752_20151019144108b65.jpg
「山玄茶」さんです。
こちらもミシュラン星つき。





DSC_0753_201510191441108fc.jpg
入口を入ると細い細い路地。奥に入口があります。





DSC_0754_20151019144110410.jpg
中はカウンターと個室。
私たちは個室に通されました。






DSC_0755_201510191441128f4.jpg
中は落ち着いた雰囲気。





DSC_0756_20151019144114b6f.jpg
やれやれと一息




DSC_0761_20151019144213c9b.jpg
宿に大きな鏡がなかったので着付けが大変だったらしい。
うまくいかなかった~と悔しそう。






DSC_0759_20151019144212390.jpg
そしてこの帯。
「@ねこ部屋」のねこじゃらしさんに
譲っていただいた帯です。
柄にすすきが入っていてちょうど今の時期。
これも何かのご縁だったのでしょうか。
こうしてハレの日に使うことが出来ました。
本当にありがとうございました!!






DSC_0762_201510191442150b3.jpg
お着物はあられ小紋というそうです。
私には・・よくわかりませんが、ドットみたいでかわいいですな(笑)







DSC_0765_201510191442174ea.jpg
お酒を飲みたい気分ですが、
真っ赤な顔で神社に行くわけにもいかないので、
極小ビールで乾杯・・。

お店の方が、我々の服装を見てすぐに「この後ご予定が?」と。
2時にはお式のために移動しなければいけないことを伝えたら、
2時間でぴたり終えるようにお料理を持ってきてくださいました。
さすが、プロ・・・。


今回、お料理の説明を記録していなかったので、
全てうろ覚え。多分、間違ってます、すみません。。。


DSC_0767_20151019144218d52.jpg
先付
ポン酢のジュレかけ
海老と・・なんだったかしら。






DSC_0768_201510191443377cc.jpg
出た、土瓶蒸し♪





DSC_0769_20151019144339cfa.jpg
これが、オドロキの具だくさん。
どこまで入ってるのってくらいのマツタケと鱧。
あまりにたくさんマツタケが入っているので
これ、国産・・?とザワザワする(笑)
いや、もちろんものすごくおいしいんですよ!!
お出汁の中で泳ぎたいくらい!(笑)





DSC_0770_20151019144340f28.jpg
お造り
コチラ、ちょっと変わっています。
真鯛のクリームチーズ巻き。たっぷりの特製おろしポン酢につけて食べます。
お造り、というよりカルパッチョのようです。
その他のお魚は・・わすれました。。


ここでご店主がご挨拶に見えられました。
ちゃんとご挨拶にいらっしゃったのにびっくり。(満席でカウンターもいっぱいだったので)
具だくさん土瓶蒸しはこちらの名物だそうで、自信作なのだとか。
ついでなのでマツタケはどちらのかと質問したら、信州産でした。
ちゃんと国産でした。。(あたりまえだ!(笑))


鯛のクリームチーズ巻きもおすすめだそうで、たっぷりとドレッシングを付けて食べてください。と。
一寸洋風な感じがして面白い食べ方でした。




DSC_0771_20151019144341681.jpg
焼き物
鮭の漬け焼き
桜の葉と野沢菜おろしで。

焼き加減が最高♪
鮭と桜の葉って・・と思いましたが、これもまた面白い組み合わせ。
コチラのお料理はちょっとびっくりさせてくれるのがまた楽しいです。





DSC_0772_20151019144343dae.jpg
八寸。
もう見た目が美しい~♪(でもうろおぼえ)
モズク酢 焼き栗 海老のピーナツ揚げ(美味い!)まいたけ天ぷら
赤蒟蒻 焼き麩田楽 出し巻き卵 しめ鯖鮨 柿の白和え

…だったと思う。。。
一つ一つ本当に美味しくて、目にも舌にも満足なんですが、
コチラのお店、ちょいと量が多い。
父は食べきれず、旦那の胃行き。。(笑)





DSC_0774_201510191444063c4.jpg
炊きあわせ
車麩と・・里芋。。だったかな
ショウガが効いて美味しかったです。






DSC_0775_20151019144408848.jpg
ごはん。
汁ものは八丁味噌の上澄み、ご飯はご主人のご実家で採れた近江米。
八丁味噌の上澄みって・・初めてでした。これも不思議な感じ。
付け合せのお漬物も絶妙♪






DSC_0776_20151019144409063.jpg
そしてここで一番テンションが上がるものが。
鯛のアラを炊いたふりかけ。
いや~~お料理の量が多く、もう食べられないと思ったんですが、
このふりかけの美味しいこと美味しいこと。
「岩さき」さんのすっぽんちりめんのようにお土産として買って帰りたい!と思ったんだけど、
常備しているものではないらしく、予約しないと買えないのだそうです。
ものすごく残念。。。

実はふりかけ以外にしらすも出たんです。
こちらは釜揚げではなくちゃんと蒸して山椒とともに炊き上げた自家製のもの。
山椒がふわりと香り、これもまた絶品。なぜ写真がないのだろう。。私のバカ。

お店の若い方が、いかにも嬉しそうに料理の説明(且つ自慢)をしながら
たっぷりしらすを取り分けてくださるんです。
ご店主のことを尊敬しているのだなあと、微笑ましく思いました。


お代わりしたかったが、胃がはち切れるので断念。
(妹たちはお代わりしてた(笑))



DSC_0777_201510191444110d0.jpg
トドメのデザート(笑)

ザクロ、ぶどう、メロン・・シャーベット、その他。
ワインの香りがした記憶が。
デザートも凝っています。




DSC_0778_20151019144412649.jpg
小豆ともちもちの・・・ああ~思い出せない!!(笑)
お腹いっぱいで朦朧とする我々でした(笑)


コチラのお店、
京都のお店にしてはちょいと味付けがしっかり目です。
どう考えても、お酒ありき、という気がします。
我々、飲みたくても飲めない状況だったため、
そこがいちばんつらかった。。。(笑)
お料理はとても手が込んでいて、工夫されてるなあという印象。
ご店主もご挨拶に見えられましたが、
給仕をしてくださる若い方々もみなきびきびとしていて、気持ち良い接客でした。


前日の「岩さき」さんが、体中をきれいにしてくれる素材重視の直球ど真ん中なお料理だとすると
こちらは夜、お酒とともに、ご店主の目の前のカウンターでゆっくりお料理の話を聞きながら楽しみたい感じ。
まあ、夜だとお値段もさらに・・ですが(笑)
しっかり量があるので、お腹を空かせていきましょう!!(笑)




はち切れんばかりのおなかを抱え、しかし予定時間ぴったりにお店を後にします。
ご店主、ちゃんとお店の外まで見送りに出てくださいました。
他のお客様もいらっしゃるのに。。お気遣いに感謝です。



さて、お腹いっぱいで若干眠いんですが(おい)
やっとのことで、いよいよメインイベントですよ~~!



良かったら押してくださいな


最新記事